ネットで稼ぐ儲かる収入情報&評価レビューサイト!

TOP > 商品No:90328

 Making Champions 6 Basket Drills【CRGJ06ADF】

商品情報Products

Now Loading...

Now Loading...

最終更新日 2021年9月23日

商品説明Info

スポーツに必要な技術向上のための要素は、その運動環境によって2つに分類できます。

■オープンスキル

・絶えず変化し、不安定で予測が不可能な環境で行う。
・外的要因に左右される。

テニスはこの「オープンスキル型」のスポーツになります。その他にもこの要素が多い競技として、サッカー、テニス、バスケ、バレーボール、野球などの球技、フェンシング、ボクシング、レスリング、柔道などの相手と対戦型の競技、などがあります。

ではその逆の「クローズドスキル」はというと…

■クローズドスキル

・変化が少なく、安定して予測が可能な環境で行う。
・外的要因に左右されにくい。

この要素が多い競技として、体操、水泳、陸上、ゴルフ、アーチェリー、弓道などがあります。

簡単にまとめると、対戦相手などで、外的要因によって左右される要素が強い競技を
「オープンスキル」といい、テニスはこれに当てはまります。

「オープンスキル」は対戦相手がいて、常に変化する状況に対応して、良いプレーを選択できる判断力とそれを実行できる技術力が技術の向上には必要なのです。

これを練習ドリルで分類すると…

必ずここにボールが来るとわかっていて、同じコースに打ち続けたり、スイングを作るのが「クローズドスキル」の練習

ラリーやゲーム、ポイント練習など状況が常に変化して、状況判断が必要になってくるのが「オープンスキル」の練習となります。

そしてテニスは「オープンスキル型のスポーツ」であり、前提としてクローズドスキルが必要ですが、最後の勝負のカギを握るのが「オープンスキル型の要素」と言われています。

もちろん、前提としてクローズドスキルが必要ですが、テニスは試合の中ではオープンスキルが重要となってくると思います。

ゲイブ・ハラミロの球だし練習は、この通常「クローズドスキル型」になりがちな反復練習を、

試合を想定した「オープンスキル型」の要素を強く取り入れているのです。

だからこそゲイブ・ハラミロの球だし練習は実にユニークです。ペースが違います。
また球を出す場所も変えたりします。時には回転をかけてボールを出し、スピードを変え、選手に「予測と判断」をさせながら反復練習を行っていきます。
だから基礎練習がそのまま試合に生きる「魔法のドリル」なのです。

少しでも気になった方は、今すぐご注文ください。



詳細&購入ページへ

コメントをどうぞ

下記のフォームからコメントを投稿して下さい。

コメントを投稿

* 必須項目
(公表されません)
 
Smile Sad Huh Laugh Mad Tongue Crying Grin Wink Scared Cool Sleep Blush Unsure Shocked
 
あと、1000 文字まで
Captcha
Refresh
 
上記の文字を入力:
 
私は、プライバシーポリシー を理解しました。 *
 
私は、コメント投稿規約 を理解しました。 *
 
ページトップへ戻る
Copyright(C) 2021 インフォタンク All Rights Reserved.