ネットで稼ぐ儲かる収入情報&評価レビューサイト!

TOP > 商品No:90323

 Making Champions 13 How to Hit a Volley【CRGJ13ADF】

商品情報Products

Now Loading...

Now Loading...

最終更新日 2021年4月11日

商品説明Info

そもそも、あなたはなぜ、ボレーが苦手なのでしょうか?
ボレーが苦手、という方がもつ、最大の悩みは
・ラケットを大きく使い過ぎ(コンパクトに打てていない)
ということ。簡単なボレーをミスしたら、多くの人は

「もっとコンパクトに…」「大振りしたからミスにつながった…」
と思ってはいませんか?

実際には「大振りすること自体が悪いわけではなく」ボレーはストロークに比べて反応時間が短く、大きな動作で行えば、間に合わない、ということですよね?

「間に合わない=時間が無くなる」からこそ、 ボレーはコンパクトに、と言われるのです。
時間さえあれば、スイングボレーのように 大きなスイングでも問題ないのです。

では、あなたは今まで「ボレーをコンパクトに」しよう、 と思ってきたでしょうか?きっと「YES」だと思います。
常に「コンパクトにしよう」と心がけてきたはずです。
しかし、現実は、
「いまだに、大振りをしている。」
「いまだに、コンパクトになっていない。」
それが現実ではないでしょうか?

では次に、その「大振りになるメカニズム」をお話していきます。
なぜ、ボレーが苦手なのか
なぜ、何度言われても、自分でも意識していても「ボレーをコンパクトにできないか?」その理由をゲイブハラミロは、

「一発で決めたい気持ちがそうさせる。」

と話していました。「決めたい」「エースで気持ちよく終わりたい。」と思えば思うほど人は力が入り「大振りになる。」
この心理はプレイヤーであれば、当然のことだとゲイブハラミロは話します。

いくらコンパクトに、と心がけていても、 「決めてやる!」と思えば、誰だって大振りしてしまいます。

その結果、タイミングが遅れて、ボレーに本来のスピードがでなかったり、 「振ってはいけない」と思い過ぎると、当てるだけのボレーになったり、 スピードのない球しか飛ばない、そんな図式になってしまいます。

だからこそ、ゲイブハラミロは日本の指導法でよく聞く
「大振りしない」
「横を向く」
「足を出す」
「1、2のタイミング」
このような指導ではボレーは上手くならないといいます。

ゲイブはボレーの正しいリズムは 1、2、3でストロークと同じだと言うのです。
時間を作ることが、ミスを減らし、成功率を高めるそれが、決定力につながる。



詳細&購入ページへ

コメントをどうぞ

下記のフォームからコメントを投稿して下さい。

コメントを投稿

* 必須項目
(公表されません)
 
Smile Sad Huh Laugh Mad Tongue Crying Grin Wink Scared Cool Sleep Blush Unsure Shocked
 
あと、1000 文字まで
Captcha
Refresh
 
上記の文字を入力:
 
私は、プライバシーポリシー を理解しました。 *
 
私は、コメント投稿規約 を理解しました。 *
 
ページトップへ戻る
Copyright(C) 2021 インフォタンク All Rights Reserved.